兵庫県でうつ病改善に特化した姫路市の心理カウンセリング・ヒプノセラピーサロン Feel heart フィールハート 

うつ症状の和らげ方2

うつ症状の和らげ方② もっと感情を解放しよう

画像の説明


つ症状が出る前のあなたは、

「◯◯したい…」ではなく
「◯◯しなければならない」とばかり思っていませんでしたか?
大人になると心の欲求はなかなか聞いてあげられません。

泣きたいと思っても泣いてはいけない。
会社を休みたいと思っても休んではいけない。
逃げたいと思っても逃げてはいけない。
甘えたいと思っても甘えてはいけない。

と教えられてきたような気もするし、
その方がうまくいくような気もしたのかもしれません。

だけど、心の声や感情を我慢して、思考の言うことを聞いて行動出来たとしても、
ある一定のところを過ぎたとき、突然思考の言う事を行動がきけなくなるんですよね。

そして、思考は動かない体にまだまだ今まで通り、
もしくはもっと厳しく命令するんですよね。

だけど、やっぱり動けない…
そんな頃、うつ症状が出てくるのではないでしょうか?

だから、今度は心の声や感情を解放してあげるのです。
ちょっと言ってみて下さいね。

「泣きたいと思う私を許します。」
「逃げたいと思う私を許します。」
「休みたいと思う私を許します。」
「甘えたいと思う私を許します。」


すぐに出来ればそれは一番かもしれません。

だけど現実はすぐには難しい事も多いですよね。
だから、思うことくらい許してあげて欲しいのです。

そして、思考をこれ以上使うのをストップして、泣いたり、笑ったり出来るような
漫画やDVDや音楽など、感覚から入ってくるものと触れ合うのがいいですよ。

そうです。
一人の時は現実から離れる方向です。

人間を長くしていると、長い人生の中、現実を逃避しながら生きていかないと
いけない時があると思うのです。

苦しい時は頑張る時ではありません。
苦しい時は休む時です。




<うつ症状の和らげ方記事>
うつ症状の和らげ方① あんまり本は読まないでね
うつ症状の和らげ方② もっと感情を解放しよう
うつ症状の和らげ方③ 気がついたことはノートに書こう
うつ症状の和らげ方④ 落ち込む人間関係はお休みしよう




<本当の自分に出会うヒント集>
孤独な気持ちを感じる時
自分を大切にするという事
変化は自分のタイミングが大切なのかも
思い出すタイミングは同じなのかも
引き寄せ疲れになっていませんか?




<ホームへ戻る>




a:182 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional